スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相場の動く時間帯について… 

今日こそ、「相場の動く時間帯について」まとめます!。o(^^;o)

世界中の市場がそれぞれ開いている時間帯、大きく言えば日本時間、ロンドン時間、NY時間などがありますが、市場参加者が一番多い時間帯である、欧州→ロンドン→NY市場が重なる午後9時~深夜24時くらいが最もよく動く時間帯であるのは、周知の事実ですよね?

その他にも、相場に影響を与えるポイントとなる時間がある事をご存知でしたか?
いくつかあるのでご紹介します!

長くなっちゃうので↓続きを読むをクリックしてね(^_-)

オプションカットの時間

 オプション取引で、為替に関係があるものは「通貨オプション取引」です。
この権利行使期限のことをオプションカットといい、この時間帯に大口の売買が交錯することがあるので、相場が急に動いたりすることがあります。

  東京オプションカット=15時
  NYオプションカット=日本時間の24時(冬時間は深夜1時)


東京仲値公示

 仲値とは、各銀行が発表する対顧客向けの取引レートのことです。
仲値は、朝10時ころのインターバンク市場のレートを参考に設定され、原則として一度決められるとその日は変更されません。
この仲値公示の午前10時ころが、ドル円、クロス円ともに動きが出やすいと言われています。

 特に、ゴトウ日(5日・10日・15日・25日)は、企業など大口決済が多いため大きく動きやすいです。
これらの日には、仲値をうけて、主に輸入企業のドル資金の調達注文が入るために
朝から、ドル買いが進む傾向があります。(←これは、顧客のドル需要の規模がある程度分かる銀行ディーラーが、レートをなるべく高くしたいために、必要以上のドルを買い進めるため)
仲値が決まった後には、ドル売りの動きになります。(←これは銀行が安く買い、高値で顧客に売った残りを、できるだけ早く市場で高いうちに手放そうとするため)


ロンドンフィキシング

 金などの価格が決まる時間帯です。欧州外貨建ての投信設定もこの時間にされることが多く、大口の顧客取引きが出やすいため、大きく動きやすい時間です。

  ロンドンフィキシング=日本時間深夜1時(冬時間深夜2時)


これらの時間帯は、注意して取引きされると良いですよ(*゜-゜)/

…っていうか、自分も気をつけてみまーす!
スポンサーサイト
[ 2008/03/18 23:28 ] FX-基礎知識 | TB(0) | コメント(4)

はじめまして(*⌒▽⌒*)ノおう♪

おらもまだFXを始めたばかりの初心者です
<(_ _*)>ぺコリ

★⌒(@^-゜@)v ヨロシクデス
[ 2008/03/19 00:02 ] [ 編集 ]

はじめまして☆

さとっちさん

こちらこそ、('-'*)ヨロシク♪です
また時々、遊びに来てくださいね☆
[ 2008/03/19 02:18 ] [ 編集 ]

すごく参考になるブログですね。

もしよろしければ相互リンクをお願いできないでしょうか?

私のサイトは

「FXの基礎講座」  http://ukpound.web.fc2.com/

ここにリンクしておきましてので確認お願いします。http://ukpound.web.fc2.com/FXkanrennrinku.html
[ 2008/03/19 13:03 ] [ 編集 ]

ゲンさま

ありがとうございます!
リンクさせていただきました♪
どうぞよろしくお願いします(*^^*)
まだまだ知らないことばかりなので、ゲンさんのHPで勉強させていただきますね!FXって難しいですよね。
[ 2008/03/20 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koisurufx.blog110.fc2.com/tb.php/33-1576168f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。